このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

正規代理店紹介

最新のプロモーションノウハウで、
北海道のお客様の発展、地域活性化を支援します

株式会社北日本広告社

北海道7都市に拠点を持ち、
幅広くプロモーションの支援を行う総合広告会社

北海道に根ざした総合広告会社として、半世紀以上の長きにわたって道内の企業を支援する株式会社北日本広告社。2014年度下半期エージェンシーセミナーにおいて、「北海道ブロック プロモーション広告賞」を受賞した同社の取り組みについて、話を聞きました。

取り組み2年で「プロモーション広告賞」を受賞した、
北海道の総合広告会社

株式会社北日本広告社
企画制作部
デジタルサポートチーム プランナー
辻 豊大氏

北海道札幌市および釧路市に本社を構える株式会社北日本広告社は、総合広告会社として、テレビやラジオ、新聞、雑誌などの四大メディアへの広告展開とウェブ、イベントやキャンペーン、セールスプロモーション、ブランディング、自社メディア出版など、幅広く事業を展開。その中で今、注力しているのがインターネット広告です。

「以前からデジタル系のプロモーションチームで、インターネット広告を一部取り扱ってはいましたが、2012年にYahoo!プロモーション広告の正規代理店になったことを契機に全社的に取り組みを始めました」と話すのは、株式会社北日本広告社 企画制作部 デジタルサポートチーム プランナーの辻 豊大氏です。

本格的にインターネット広告に取り組み始めてからまだ2年ほどですが、同社は2014年度下半期エージェンシーセミナーで「北海道ブロック プロモーション広告賞」を受賞するまでにこの事業を急成長させました。

北海道に根ざした同社の大きな特長は、道内7都市に拠点を持つことです。札幌および釧路の本社に加え、旭川、帯広、北見、苫小牧、小樽の各都市に拠点を置くことで広い北海道全域をカバーし、各地域のお客様にきめ細やかな支援を行えるようにしています。

株式会社北日本広告社
企画制作部 副課長
デジタルサポートチーム
笹生 総司氏

「北海道はとても広いですから地域によってお客様の特色が違います。例えば、港町の釧路では、海産物販売系のお客様が多かったり、旭川では、当社で医療関係メディアを運用していることもあり、医療関係のお客様が多いなどです」と、株式会社北日本広告社 企画制作部 副課長 デジタルサポートチームの笹生 総司氏は話します。各拠点は、内部にクリエイティブチームを持ち、クリエイティブ制作まで含めたプロモーションを提供しています。

また、総合広告会社である同社は、インターネット広告の単体活用だけではなく、四大メディアやインターネット以外のプロモーションを絡めた幅広い提案も行っています。

「インターネット広告の提案や運用については、パターン化して機械的に行うのではなく、1社1社ハンドメイドで対応しています。手間はかかりますが、お客様の状況や課題は各社で違いますし、私たちの強みであるインターネット以外のメディアを含めたトータルプロモーションを提案する場合は、機械的なやり方では対応できません」と笹生氏は話します。

辻氏はインターネット広告のクリエイティブに関して、「特に"スピード感"を重視しています」と話します。加えて、「紙媒体でブランディング重視の場合などは、感情を醸成させ、心地よい"読後感"を演出する場合がありますが、インターネット広告では、それよりも、パッと見で反射的に行動させるようなクリエイティブでなければなりません。メディアの特性を見極めたクリエイティブであることが重要です」と辻氏は説明します。

株式会社北日本広告社が手掛ける広告提案、運用事例

株式会社北日本広告社の運用事例をいくつか紹介します。

クライアント
A社(販売系)
課題、目標
インターネットショッピングの売り上げアップ
株式会社北日本広告社
営業部二課
アカウントプランナー
小笠原 斎氏

北海道の海産物加工品や農作物を販売するA社は、顧客拡大をめざして、Yahoo!ショッピングへの出店を決めました。

株式会社北日本広告社 営業部二課 アカウントプランナーの小笠原 斎氏は、「当社は日本全国で物産展を開催しているのですが、A社様はそちらにも出店いただいています。今回、Yahoo!ショッピングへ出店するにあたり、商品開発のアドバイスから、出店手続き、ランディングページ(LP)となるショッピングサイトの制作、集客まで幅広く支援いたしました」と話します。

Yahoo!プロモーション広告を活用してサイトへの誘導を行い、また、物産展に来場されたお客様にはYahoo!ショッピングのストアを紹介したチラシを配るなど、総合広告会社ならではの多角的な集客と支援を実施した結果、わずか半年でYahoo!ショッピングサイトのPVは約10倍まで増加しました。

「これからもA社様のように、北海道から日本全国にマーケットを拡大したいと考えている地元のお客様、多角的なプロモーションを必要とされているお客様に対し、積極的に支援をしていきたいと思います」と小笠原氏は話します。

クライアント
B社(販売系)
課題、目標
東海地方での認知度向上

B社は北海道に本社、日本全国に支店を持つ販売業者です。従来、株式会社北日本広告社では、北海道内でのB社のプロモーションを担当していましたので、東海地区での販促を強化したいという依頼を受け、提案しました。

笹生氏は、「B社様はすでに東海地区のテレビやラジオのCM、折り込みチラシを実施していましたが、期待していた効果は得られていませんでした。そこでさらなる認知度の向上を目指し、Yahoo!プロモーション広告のスポンサードサーチとYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)を取り入れました」と振り返ります。

キーワードの最適化やターゲットの絞り込み、ディスプレイ広告のクリエイティブでは折り込みチラシと同じクリエイティブを利用するなど、工夫しながらPDCAを繰り返しました。今回はテレビやラジオCM、折り込みチラシは株式会社北日本広告社での実施ではなかったものの、総合広告会社ならではの視点で同じクリエイティブを利用することでターゲットへの啓発に成功しました。開始から3カ月後には、インターネット広告からサイトへの誘導数を3.6倍にまで増加させることができました。

クライアント
C社(食品業)
課題、目標
来店数の増加

BtoB食品業のC社では、新たに個人の消費者へ直接販売する店舗を開店。当初はメディアに取り上げたこともあって連日大盛況でしたが、徐々にお客様が減少していきました。

「C社様からご相談をいただき、集客のプロモーションとして、スポンサードサーチとYDNの活用を決めました。YDNの画像広告のクリエイティブもすべてお任せいただき、視覚的に訴える思い切ったグラフィックデザインの広告展開を行いました」と辻氏。

特にYDNでは大きな成果を上げ、高いクリック率でお客様をサイトに誘導。出稿以前は1日約20人の来店数にとどまっていましたが、YDN実施後は1日約80人にまで増えました。さらに、折り込みチラシも配布して、最大で1日約200人まで来店数を伸ばすことに成功しました。

辻氏は、「C社様の場合、広告だけでなく、ランディングページ(LP)作りから、商品構成、店舗の内装までサポートさせていただきました。こうした企業のブランディングも含めたトータルで支援ができるのも総合広告会社ならではだと思います」と誇らしげに話します。

情報共有やスキルアップに注力。地域活性化にも貢献を

インターネット広告の本格的な取り扱いを始めてから同社では情報共有や個人のスキルアップに力を入れています。社内のグループウェアでマーケティング情報を共有しているほか、研修会や勉強会も頻繁に行っています。

笹生氏は、「情報共有には特に注力しており、高い効果を上げた成功事例などの運用方法や設定を全社員で共有できる仕組みを作っています」と説明します。

小笠原氏は、営業を担当しながらお客様の広告運用も行っています。「今回、『プロモーション広告賞』をいただきましたが、北海道各地に拠点を持ち、直接の対話を通して北海道のお客様の実情を一番多く知ったことが受賞につながったのだと思います。お客様のために、成果にこだわった提案、運用を行っていきます」と抱負を語ります。

辻氏は、今後の展望として、「北海道エリアでは、インターネット広告について詳しく知らないお客様がまだ多く、東京などと比べると情報の格差があります。北海道に根ざした広告会社としては、最新の情報とノウハウを地元のお客様に伝えて、地域を元気にするお手伝いをしたいと思っています」と話します。

(当記事は2014年12月の情報をもとに構成しています)

株式会社北日本広告社

本社所在地
北海道
所在地(支店など)
北海道7カ所
ウェブサイト
http://www.ad-kitanihon.co.jp/(外部リンク)

1957年設立の総合広告会社。札幌、釧路の本社のほか、旭川、帯広、北見、苫小牧、小樽の各都市に支社を展開。テレビ、ラジオ、新聞、雑誌の四大メディアの広告を中心に、幅広くセールスプロモーション、ブランディングなどの事業を展開している。

本文はここまでです このページの先頭へ