このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

正規代理店紹介

「アイデンティティ設計」に基づいて、
最適なソリューションをご提案します

株式会社デジタルアイデンティティ

三つ星保有

インターネット広告代理店事業から
スマートフォンアプリ開発まで、
ウェブに関する幅広いビジネスを展開

株式会社デジタルアイデンティティは、インターネット広告代理店事業をはじめとして、インターネットメディア事業やデジタルマーケティング事業など、ウェブに関する多様なビジネスを展開しています。同社が提案する戦略のベースとなっている「アイデンティティ設計」や、それを用いた広告運用について話を聞きました。

「アイデンティティ設計」に基づき、
セオリーにとらわれない提案と運用を提供

株式会社デジタルアイデンティティ
コンサルタントDiv.
部長
中西 優氏

株式会社デジタルアイデンティティは、SEMで培ったノウハウや最新のテクノロジー、卓越したデジタルマーケティングスキルを用いた分析、設計により、お客様にとってベストなソリューションを提供する、Yahoo!プロモーション広告の正規代理店です。

社名にも利用されている「アイデンティティ」は、同社のサービス提案、運用などすべてのベースとなっている考え方を示しています。

株式会社デジタルアイデンティティ コンサルタントDiv. 部長の中西 優氏は、「市場に参入する際、そこにどのようなユーザーがどのくらいの規模で存在するのかを調査した上で、お客様にとって最適なマーケティングソリューションを設計する手法を『アイデンティティ設計』と呼んでいます。ユーザーをニーズごとに分類して、認知の度合い、アクションへの距離などを軸にターゲット選定やその優先順位付けを行います。これはもともとSEMで培ってきた知見から生まれたもので、根拠となるデータをきちんと提示できるのが特徴です」と、『アイデンティティ設計』について説明します。

株式会社デジタルアイデンティティ
アカウントエグゼクティブDiv.
シニアアカウントプランナー
中山 惟知也氏

さらに、株式会社デジタルアイデンティティ アカウントエグゼクティブDiv. シニアアカウントプランナーの中山 惟知也氏は、「『アイデンティティ設計』に基づいて設計することで、あらゆる業種、規模に対応が可能で、高い成果が期待できる提案を行えます。また、勉強会や密な情報共有を定常的に行うことで、営業やコンサルタント、運用担当者全員が過去の知見、ノウハウの共有を図っています」とも付け加えます。

広告の運用については、「セオリーを意識しすぎない」ことを心掛けていると中西氏は話します。「その業種の勝ちパターンにとらわれすぎないように心掛けています。特に、紹介による新しいお客様の場合、以前にその業種に強い広告代理店さんとお付き合いがあり、その業種の勝ちパターンは実施済みの場合がほとんどです。それ以上のことを達成したいのならば、従来とは違う戦略が必要です」と中西氏は続けます。

デジタルアイデンティティが提供する広告運用事例

セオリーにとらわれず、大きな成果を上げた同社の広告運用事例を紹介します。

クライアント
A社(ブライダル関連企業)
課題、目標
CPAの改善

全国に店舗を持ち、ブライダル事業を展開するA社では、インターネット広告のCPA(顧客獲得単価、Cost Per Acquisition)改善という課題を持っていました。

「まずは、A社様のご要望どおりに、『アイデンティティ設計』に基づいてCPAの改善に取り組みました。当社を信頼していただいたところで、さらにもうひと段階踏み込んだご提案をしました」と中西氏は話します。それは、コンバージョンの質をしっかりと計測していくべきという提案です。従来、A社がインターネット広告の指標としていたコンバージョンは、ウェブサイトへの集客と実店舗への来店数まででした。

中西氏は、「ご来店からその先、つまり、どれだけ成約できるかが、A社様にとってもっとも重要な指標となるべきものです。事業としての顧客単価まで考えたプロモーションをお客様と一緒に進めていきました」と話します。

A社の協力のもと、コンバージョンしたユーザーの質までを計測できる体制を作り、単にCPAやコンバージョンだけを見るのではなく、投資効果の本当に高いプロモーションやキーワードを選定することができるようになりました。これにより、広告予算を前年比180%に増加した上、コンバージョン数を160%伸ばすことができました。この取り組みもあって、この年A社では史上最高益を達成しました。

「A社様の施策ではYahoo!プロモーション広告を積極的に活用しました。それまでは、CPAの比較からあまりYahoo!プロモーション広告は使われていなかったのですが、ユーザーの質までを計測した結果、マッチングする、精度の高いユーザーを呼べるということが分かりました。A社様の史上最高益にYahoo!プロモーション広告の力も貢献できたと思います」と中西氏は話します。

クライアント
B社(総合通販サイト運営)
課題、目標
CPAを維持しながら、コンバージョン数を増加

B社が運営する総合通販サイトでは、常時膨大な数の商品が掲載、販売されています。対象となるキーワード数も膨大で、それに対応した広告運用に大きな工数が必要となっていました。

「新商品が出るたびに広告を追加する、というイレギュラーな対応を続けていては、工数が増えるばかりで、大きな成果は望めません。向こう何カ月という単位で入荷する商品のスケジュールをしっかり把握した上で、『アイデンティティ設計』により、キーワードのグルーピングと新規キーワード追加のタイミングの最適化とルール化を行いました」と中西氏。これにより、施策がどれだけの効果を上げたのかということをB社側でも把握しやすくなりました。

ルールに基づき、キーワードの入札や広告文、LP(ランディングページ)などを、素早いPDCAサイクルで改善し、1年後にはCPAを半分に削減しつつ、広告予算は月間200万円から1,000万円の5倍に。つまり、コンバージョン数が10倍に増加したのです。

「B社様には大変ご満足いただいています。今では通販事業のインターネット広告運用だけでなく、その他のプロモーションでもご相談やお話をいただくことが多くなりました」と中西氏は話します。成果を上げることでお客様からの厚い信頼を得た事例です。

クライアント
C社(身体のメンテナンスサービス事業 )
課題、目標
インターネット広告を軌道に乗せ、成果を出すこと

関東圏を中心に店舗を展開し、身体のメンテナンスサービスを提供するC社では、これまでチラシや紙媒体などを中心に集客を行ってきましたが、来店予約もできるようにウェブサイトをリニューアルし、あわせてインターネット広告での集客を行うことになりました。

「C社様はインターネットでのプロモーションが初めてということで、戦略を構築するところから始まり、効果検証、PDCAサイクルが回しやすいインターネット広告をご提案し、出稿がスタートしました」と中山氏は振り返ります。

分析と改善のPDCAサイクルを回し、キーワードを追加していったところ、インターネット広告を開始して2カ月目から成果が出始めました。

「関連するキーワードを考えられる限り追加し、そこから効果のあるキーワードの配信を最大化していくという、地道な手法で成果を伸ばしていきました。一つひとつのキーワードでのコンバージョンは少なくても、積み重ねることで全体の数字を上げていきました」と中山氏。

これにより、4カ月目には、広告予算は当初の6倍に増え、コンバージョン数は16倍に増加。CPAも初月と比較して60%程度削減しました。C社から提示されていたコンバージョン数の目標を大幅にこえて達成できました。

「C社様はコミュニケーションを重視するお客様でしたので、しっかりと意思疎通を図ることでPDCAを素早く回し、改善を積み重ねました。これが成果につながったのだと思います。以前は、チラシや電話による予約でしたが、ウェブ予約が増え、リピーターも増加しました。今ではサイトの構築や運用、サーバーの管理までお手伝いさせていただいています」と中山氏はC社からの信頼を勝ち得た事例を紹介します。

お客様の本当の目標を共有するためにコミュニケーションを重視

これら3つの事例に共通するのが、セオリーにとらわれないということだけでなく、お客様としっかりとした関係を築き、コミュニケーションを密に取っているということです。

中山氏は、「お客様の真の目標、表面に出ない狙いなどを引き出せるようなコミュニケーション、関係作りを心掛けています。どんなに優れたソリューションがあっても、真の目的が分からなければ達成のしようがありません」と、最適なコミュニケーション構築の重要性を話します。

中西氏は、今後について「現在、DMP(Data Management Platform)の活用が盛り上がっていますが、DMPはお客様の大事な財産であるデータを取り扱うことになりますので、信頼できるパートナーとして認めていただけるかが重要になります。お客様に信頼いただきDMPまで積極的に関わっていけるような関係を築いていきたいと思います」と話します。

中山氏も、「お客様の立場で物事を考え、愚直に行動し、わかりやすい言葉でのコミュニケーションを心掛けて、最適なソリューションを提案していきます」と話します。

今後も同社では、お客様と向き合う姿勢を大切に、「アイデンティティ設計」に基づく細やかな、そしてセオリーに縛られないベストソリューションの提案を行い、効果を最大化していきます。

(当記事は2014年11月の情報をもとに構成しています)

株式会社デジタルアイデンティティ

三つ星保有

本社所在地
東京都
所在地(支店など)
福岡県
ウェブサイト
http://digitalidentity.co.jp/(外部リンク)

2009年設立。デジタルマーケティング事業、インターネット広告代理店事業、インターネットメディア事業を展開。インターネットを利用する個人一人ひとりの興味や心理状況、行動特性を分析する「アイデンティティ設計」に基づき、ベストソリューションを提供することで、最適なコミュニケーションを創造する。

株式会社デジタルアイデンティティ インタビュー(PDF)

本文はここまでです このページの先頭へ