このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

正規代理店紹介

お客様の多様な要望に応える
"統合型コンサルティング"をご提供します

GMO NIKKO株式会社

三つ星保有

多様なニーズに対応できるコンサルタントが、
最短期間で課題を解決

「時代の先端にフィットするコミュニケーションを創出する」というアイデンティティのもと、SEMコンサルティング、ディスプレイ広告、ソーシャルメディア活用支援など、幅広いサービスで顧客の成長にコミットするGMO NIKKO株式会社。 Yahoo!プロモーション広告の正規代理店の同社ならではの成果を上げるための取り組みを中心にお聞きしました。

統合型コンサルティングでお客様の課題を解決

GMO NIKKO株式会社
コンサルティング本部
本部長
冨岡 信之氏
GMO NIKKO株式会社
コンサルティング本部 ストラテジック部
第2グループ
グループマネージャー
小松 裕氏
GMO NIKKO株式会社
コンサルティング本部 ストラテジック部
第4グループ
グループマネージャー
小倉 雅浩氏

同社 コンサルティング本部 本部長の冨岡 信之氏は、「当社は"統合型コンサルティング"を標榜していて、運用型広告だけではなく、ソーシャルメディアからアドネットワーク、データマネジメントまで、お客様の多様な要望にお応えするコンサルティングを行っています」と話します。また、独自のフレームワーク「広告貢献度の可視化」により最適な投資先を導き出します。

同社では、"統合型コンサルティング"を実現できる、幅広い知見とノウハウを持ったコンサルタントを育成するために、さまざまな取り組みを行っています。120項目にも及ぶコンサルタント用のスキルチェックリストもその1つで、チェックリスト上の一定以上のスキルを獲得しないとコンサルタントとしては認められません。さらに、そのチェックリストを指標に勉強していけば、網羅的に技術やノウハウが身についていきます。

加えて、同社では以前より、運用の自動化にも積極的に取り組んでいます。冨岡氏は、「オペレーション作業など、自動化により質を担保しつつ効率がアップできる部分は自動化を推進していて、それにより空いた時間をクライアントにとっての戦略的な仕事にあてるようにしています。一例としては、社内で"KENTOO"と呼ぶ分科会があります。

"KENTOO"では、新しい広告サービスを利用した運用事例、成功した運用事例などを題材に、その手法と効果を検討していくのですが、ここでの知見をお客様の価値提供に活用することで、よい結果につがっています」と説明します。

成果を追求する姿勢について、コンサルティング本部 ストラテジック部 第2グループ グループマネージャーの小松 裕氏は、「当社では、お客様の成果を実現することに重きを置いています。運用の質を高めるために、集中して運用のための時間を確保していることも当社の特徴と言えます。具体的には、午前中を"運用を行う時間"とし、その時間は会議や打ち合わせを一切行わずに運用のみに集中しています」と話します。

運用型広告のクリエイティブでは、同社ならではの工夫があります。コンサルティング本部 ストラテジック部 第4グループ グループマネージャーで、クリエイティブコンサルティンググループのグループマネージャーも務める小倉 雅浩氏は、「当社には、通常の広告クリエイティブとは別に、運用型広告に特化したクリエイターグループがあります。運用型広告の場合、PDCAサイクルをどれだけ高速に回せるかで成果が変わってきますので、クリエイターと営業、コンサルタントが机を並べることで、密なコミュニケーションをとれるようにしています」と説明します。

GMO NIKKOが提供する広告運用事例

GMO NIKKO株式会社の広告運用事例をいくつか紹介します。

クライアント
A社(国内大手企業)
課題、目標
コンバージョン数の増加、CPAの改善
GMO NIKKO株式会社
コンサルティング本部 ストラテジック部
第3グループ
チーフ
横溝 由乃氏

同社では、運用指標の1つに"マイクロコンバージョン"を採用しています。マイクロコンバージョンとは、最終的なコンバージョンに到達する前の重要なポイントを指します。マイクロコンバージョンを分析することで、どれだけコンバージョンに近づいているかが分かります。

同社 コンサルティング本部 ストラテジック部 第3グループ チーフの横溝 由乃氏は、「A社様の場合、お申し込み完了が最終的なコンバージョンですが、その前のお申し込みフォームへの到達という時点を小さなコンバージョン、すなわちマイクロコンバージョンと考えます。あるキーワードでウェブサイトに来訪し、フォームまでは到達したものの最終的なコンバージョンまでは至らないという場合、そのキーワードは従来の分析手法では単に"コンバージョンなし"と分類されてしまいます。こうしたキーワードをいかにして意味のあるキーワードにするか、最終的なコンバージョンに到達させるかが、マイクロコンバージョンの考え方です」と説明します。

横溝氏はA社への施策として、自動入札ツールにマイクロコンバージョンを加味した運用を提案しました。今まではあまり重視されていなかった、コンバージョンはないもののマイクロコンバージョンまでは到達しているキーワードを検証し、入札価格などを調整して成果を出していこうという提案です。

結果、これにより、最終的なコンバージョンに到達するキーワード数が約4倍に増加し、同時にCPA(顧客獲得単価、Cost Per Acquisition)も約1/2に改善しました。

「A社様の場合、効果が出るのはブランドワードやビッグキーワードに集中していたのですが、それ以外のCPAの低いキーワードでも十分にコンバージョンにつなげることができました」(横溝氏)。こうしたマイクロコンバージョンの活用は、真の意味での最適化を目指す広告貢献度可視化の1つでもあります。

クライアント
B社(EC系)
課題、目標
売り上げの最大化、CPAの改善

自社ウェブサイトでEC事業を展開するB社では、従来、サイトへの集客にインターネット広告を活用してきました。

「以前より当社が運用を任されていましたが、Yahoo!タグマネージャーのサービスが提供されるにあたり、Yahoo!タグマネージャーをタグのマネージメントだけでなく、イベントハンドリングによるサイトリターゲティングに活用することをご提案しました」と小倉氏。

GMO NIKKOでは、Yahoo!タグマネージャーがリリースされた当初から社内でKENTOOが立ち上がり、どのようにYahoo!タグマネージャーをお客様の成果に結び付けるかを検討してきました。

「イベントハンドリングを利用すると、従来の"サイトを訪れたことがあるユーザー"というくくりよりも、もっと詳細なくくりでターゲティングすることがでます。例えば、ユーザーがサイトで起こしたアクションなどと結び付けて、ターゲティングが可能になるのです。B社様にもご協力いただきまして、細かくアクションを分析し、リターゲティングで表示する広告も出し分け、成果を高めることができました」と小倉氏は説明します。

これにより、CPAを約1/2まで改善し、それにともない、クリック率、コンバージョン率も大幅に向上。コンバージョン数は約3倍にまで増加しました。

「B社様の運用例は、KENTOOによる知見を活用した成功例です。従来の手法だけでは効果アップが限界というところを、Yahoo!タグマネージャーの活用によってさらに効果を拡大させることができました」と小松氏。新たなサービスを積極的に取り入れ、さらなる成果に結び付けていく。そうした改善策を提案できることが同社のコンサルティングの大きな特徴と言えます。

独自のフレームワークで事業を成功に導く

今後も同社では、お客様の目指す成果に最短で近づけるよう、知見とノウハウを培い、総合的なコンサルティングを提供していきます。「近年はスマートフォン広告のご要望も多くいただいていますので、Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)のインフィード広告に特に注力しています。インフィード広告では、高速にPDCAサイクルを回すことが求められますが、そうした部分はクリエイティブにも強い当社の得意とするところです」と、小松氏は話します。

さらに、お客様へのコンサルティングにとどまらず、同社は情報発信にも力を入れています。インターネット広告やソーシャルメディアに関する話題を提供するラボサイト「アド論 byGMO」(外部リンク)は、新しいアドテクノロジーやマーケティング、ソーシャルメディアにまつわるさまざまな話題を紹介、多くの読者を集めています。こうした取り組みは、同社がインターネット広告やマーケティングに関する幅広い知見やスキルを持っていることの表れと言えます。

同社では近年、「広告貢献度の可視化」に取り組んでいます。冨岡氏は、「広告貢献度の可視化とは、直前のコンバージョンだけにとらわれず、複数のKPIを作って、最短期間で最適な投資配分を見つけるフレームワークです。A社様事例の"マイクロコンバージョンの活用"もその1つです。広告の役割と効果を段階的に分析し、最終的な目標に広告がどのように貢献しているかを可視化する、そして、適切な投資配分を実現していきます。この「広告貢献度の可視化」という考え方を、今まで以上にコンサルタントで共有し、常に素早い課題解決、お客様の最適な費用投下を実現できるよう取り組んでいきます」と今後の展望を話しました。

(当記事は2015年12月の情報をもとに構成しています)

GMO NIKKO株式会社

三つ星保有

本社所在地
東京都
所在地(支店など)
宮崎
ウェブサイト
http://www.koukoku.jp/(外部リンク)

1992年創業の総合インターネット広告会社。生活者のライフスタイル変化にあわせた、ウェブサイトでのコミュニケーション企画・運用を行う。課題解決につながる施策を総合的に組み合わせ、企業と生活者が「互いにモチベーションを高めあう関係」を創る。

GMO NIKKO株式会社 インタビュー(PDF)

本文はここまでです このページの先頭へ