このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Yahoo!プロモーション広告 Twitter広告特約

この規約(以下「本特約」)は、お客様(以下「申込者」)が、ヤフー株式会社(以下「ヤフー」)から、Twitter プロモツイートおよびプロモアカウント(以下「Twitter広告」)を購入する場合に、Twitter広告のTwitter Asia Pacific Pte. Ltdおよびその関係会社(以下あわせて「Twitter社」)のサービス上での掲載に際して、ヤフーの広告取扱基本規定に追加して適用される特約となります。本特約の規定と、広告取扱基本規定との間で齟齬がある場合、本特約の規定が、広告取扱基本規定に優先して適用されます。なお、本特約に使用する語句の定義は、ヤフーが特に指定しない限り、広告取扱基本規定の定義が適用されます。

第1条 (契約の成立)

  1. 申込者の個別のTwitter広告に関する広告掲載については、申込者がヤフーのウェブサイトから、またはヤフーから別途指示ある場合は当該指示に基づき、都度広告取扱基本規定および本特約ならびにTwitter社のプライバシーポリシー(http://twitter.com/privacy)、Term of Service(http://twitter.com/tos)、ブランドポータル(https://about.twitter.com/ja/company/brand)所定の条件、https://ads.twitter.com/またはその後継のTwitter社のウェブサイト上に設置される、日本の広告主に適用されるTwitter社の規約、https://support.twitter.com/またはその後継のTwitter社のウェブサイト上に設置される広告主に適用されるTwitter社の広告のポリシー、その他のTwitter社の諸規定(以下あわせて「Twitter諸規定」)に記載の条件を承諾した上で、所定の申込を行うものとします。
  2. ヤフーは、申込者からの広告掲載の申込を受けた場合、Twitter広告を掲載することをもって前項に定める承諾の意思表示を行うものとします。
  3. 申込者は、広告掲載契約に基づき既に掲載されているTwitter広告の予算の追加、変更などの条件変更および新たな広告の追加、変更については、申込者が都度広告取扱基本規定および本特約ならびにTwitter諸規定に記載の条件を承諾した上で、本件ツール上から、またはヤフーから別途指示ある場合は当該指示に基づき、ヤフーに申し込むものとします。
  4. 申込者は、Twitter広告を購入する際には、Twitterアカウントの作成が必要となることに同意します。
  5. 申込者は、Twitterアカウントのユーザー名とパスワードを厳重に管理し、第三者にみだりに伝えないものとします。

第2条(Twitter広告にかかる広告料金)

  1. Twitter広告にかかる広告料金は、掲載されたTwitter広告に対してクリック、リツイート、フォロー等が発生したことによって生ずるものとし、申込者がTwitter広告のために払い込んだ予納金(以下「Twitter広告分予納金」)より、ヤフーが当日発生したTwitter広告にかかる広告料金ならびに当該広告料金に消費税および地方消費税の税率を乗じた金額の合計額を、控除することをもって、申込者よりヤフーに支払われるものとします。なお、Twitter広告分予納金の残額以上に広告料金等が発生した場合には、その不足額は次回のTwitter広告予納金の入金があった時点で、当該予納金より控除されるものとします。
  2. 本特約に基づくTwitter広告分予納金と、Twitter広告以外のYahoo!プロモーション広告にかかる予納金とは、ヤフーにより、別立てで管理されるものであることから、申込者は、通常のYahoo!プロモーション広告の予納金と別に、Twitter広告分予納金を入金する必要があります。
  3. 第1項に定める広告料金の1ユーザー操作あたりの単価(以下「エンゲージメント単価」)の上限は、ヤフーが別途定める入札方式により、申込者が決定するものとします。また、エンゲージメント単価の最低入札金額は、Twitter広告のキャンペーンごとにヤフーが設定でき、かつ随時変更することができるものとします。
  4. Twitter広告についての入札が米国ドルで行われる場合には、少なくとも一日に一回はアップデートされる第三者の両替レートの情報を用い、または、本件ツール上に表示される両替レートを用いるものとする。
  5. 表示される広告料金の金額は、別段の表示がない限り、税金その他の手数料を含まない金額となっています。
  6. Twitter広告の広告料金の金額訂正等にかかる請求または主張(不正なユーザー操作にかかるものを含む)については、本件ツールにおけるご利用明細の閲覧可能開始日から、60日以内にヤフーに申し立てない限り、かかる請求または主張を放棄したものと扱われることを、申込者は、承諾します。
  7. 返金、代償措置その他のリファンド(refund)を行うかどうかについては、Twitter社の定めに従うものとし、ヤフーは、リファンドを行う場合においても、現金での返金は行わず、クレジット(無償利用分)の付与という形で行うものとします。

第3条(Twitter諸規定の遵守)

  1. 申込者は、Twitter諸規定を遵守するものとします。Twitter社は、これらのTwitter諸規定を、責任を負うことなく、変更できるものとします。なお、申込者が、Twitter諸規定の変更後に、Twitter広告を購入した場合には、Twitter諸規定に同意したものとみなされます。
  2. 申込者は、申込者が設定する(a)Twitter広告(内容、情報、およびURLを含む)、および、(b) インタレスト、キーワード、その他の機能の指定(以下「ターゲット対象」)、ならびに、(c)ウェブサイト、ランディングページ、その他の広告対象となる商品およびサービス(以下「申込者ウェブサイト等」)について、責任を負うものとします。
  3. 申込者は、Twitterアカウントのユーザー名およびパスワードを安全に保管するものとし、これらのユーザー名およびパスワードが第三者により利用されてなされたアクセスについて責任を負うものとします。
  4. 申込者は、Twitter社が、そのマーケティングおよび販売促進のためにTwitter広告のスクリーンキャプチャー等を、参考として用いる場合があることを了承します。
  5. 申込者は、Twitter社が、Twitter広告に含まれるウェブサイトやURLを、自動化されたソフトウェアを使ってスクリーニング(審査)することがあることを了承します。
  6. 申込者は、送信してしまったプロモツイートを削除し、新たなプロモツイートを送信することはできますが、送信してしまったプロモツイートを事後的に変更することはできないことを了承します。また、申込者は、Twitter広告を削除したとしても、Twitter社のパートナー企業や、利用者が、Twitter広告を削除しない場合があることを了承します。
  7. 申込者は、オークションベースのTwitter広告の購入を削除し、または停止したとしても、当該削除または停止前に配信されたTwitter広告の費用については、責任を負うものとします。

第4条(利用許諾)

申込者は、Twitter社およびそのパートナー企業ならびにヤフーが、Twitter広告に関する素材等を、(i)公衆送信し、または配布するため、利用、複製、編集、リコンパイル、整形、および/またはエディットすること、(ii)Twitter広告がリンクしているサイトに、アクセスし、インデックスを付し、キャッシュすること(ウェブスパイダー、クローラーその他手段を問わない)、(iii)購入された申込者のTwitter広告を配信するために必要な範囲で、Twitter Networkを通じて配信することを許諾します。

第5条(表明保証に関する特則)

  1. 申込者は、次に定める事項を保証するものとします。
    1. 申込者が入力した情報が、欠落がなく、正確であり、かつ、最新のものであること
    2. 申込者によるTwitter広告、ターゲット対象および申込者ウェブサイト等の利用、または、前条による利用許諾が、法令、行動指針、または第三者の権利を侵害し、または侵害を助長するものでないこと
  2. 申込者は、前項の違反により、事前告知なくTwitterアカウントが停止される可能性があり、また、法的責任の生じる可能性があることを了承します。

第6条(秘密保持に関する特則)

申込者は、以下の情報を、ヤフーまたはTwitter社の秘密情報として適切に取り扱うことを承諾します。

  1. Twitterのアカウント管理のためのインターフェースおよびその特徴
  2. キャンペーン管理ツールおよびそのユーザーインターフェース
  3. 分析およびアクティビティ・ダッシュボード
  4. Twitter広告にかかる価格
  5. ベストプラクティス資料、マーケティング資料、マニュアル、およびウェビナー
  6. Twitterにかかる数値、Twitterのユーザー属性情報
  7. その他、Twitter広告に関するやり取り

2014年8月13日制定
2016年7月25日改定

本文はここまでです このページの先頭へ