ここから本文です

ヤフー株式会社

Yahoo! JAPAN、百度(バイドゥ)と中国向けマーケティング支援で業務提携

~ 「百度リスティング広告」「百度アドネットワーク広告」を日本国内で販売 ~

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、中国向けマーケティング領域において、バイドゥ株式会社(以下、バイドゥ)と日本総代理店契約を締結し、「百度リスティング広告」「百度アドネットワーク広告」の国内における販売を行うことに合意しました。これにより、バイドゥの日本国内代理店商流をYahoo! JAPANの代理店商流に移管します。

2016年10月訪日外国人観光客数は年間2,000万人を超え過去最高を記録し、日本政府の訪日外国人観光客の拡大策では、2020年の目標人数を4,000万人としています。こうした近年の訪日外国人観光客の増加に伴い、日本企業からの広告出稿需要が拡大しており、なかでも訪日外国人観光客の消費額が突出している中国への広告出稿意向がますます高まることが予想されます。

Yahoo! JAPANは、広告主のニーズに応え、バイドゥの検索連動型広告「百度リスティング広告」ならびに広告配信ネットワークサービス「百度アドネットワーク広告」を活用した中国向けマーケティングを支援するため、本契約締結に至りました。

「百度リスティング広告」はwww.baidu.comの検索結果画面に広告を掲載するサービスで、中国における検索連動型広告シェアの約80%を占めています。また、「百度アドネットワーク広告」は百度がネットワークしている約60万以上の専門サイトにバナーやテキスト広告を掲載するサービスです。

Yahoo! JAPANは、全国の営業拠点ならびに代理店網を活用して本商品を販売するだけでなく、Yahoo!プロモーション広告の提供で培ったノウハウをもとに、中国における検索などの豊富なビッグデータを保有するバイドゥと協力してマーケティングソリューションを拡充します。また、両社の強みを活かし、バイドゥの日本総代理店として、広告主、広告会社に質の高いサービスを提供し、トレンド分析や改善施策などのコンサルティング業務も実施していく予定です。

Yahoo! JAPANは今後も、日本の事業者が抱えるマーケティングの課題を解決するためさまざまなソリューションを提供し、取り組みを強化していきます。


本文はここまでです このページの先頭へ