このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

Yahoo! DMP

Yahoo! JAPANのマルチビッグデータと貴社の持つさまざまなデータで、戦略的なオムニチャネルマーケティングを実現できるサービスです。

Yahoo! JAPANのDMP「Yahoo! DMP」では、リアルタイムでのデータ収集や加工、活用が可能です。Yahoo! DMPを活用することで、ターゲット層のステージ・状態に合わせた適切なタイミング・チャネルでのメッセージ伝達が可能となり、戦略的なマーケティングコミュニケーションが実現します。

Yahoo! DMP 詳しくはこちら

Yahoo! DMPの概要

Yahoo! DMPの5つの特長

1. 国内トップクラスの量と質を誇るYahoo! JAPANのマルチビッグデータを利用可能

Yahoo! DMPは、自社でお持ちのさまざまなデータを管理できることはもちろん、量・質ともに国内トップクラスである、Yahoo! JAPANのマルチビッグデータを活用できるDMPです。

2. チャネル・デバイスを横断して収集したデータの分析・活用が可能

Yahoo!タグマネージャーの「Yahoo!タグマネージャー Plus」機能を利用することで、ウェブサイトのデータだけではなく、さまざまなチャネルのデータを収集・保管できます。さらに、Yahoo! JAPANのマルチビッグデータと貴社の各種データがシームレスにつながることにより、チャネル・デバイスを横断したデータの分析・活用が可能となります。

3. Yahoo! JAPANのデータ活用による高度なセグメント設計

Yahoo! JAPANのマルチビッグデータを活用することで、自社データには不足している「潜在顧客層・見込み顧客層に関する情報」を補完できます。さらに、自社でお持ちの顧客情報に、鮮度の高いYahoo! JAPANユーザーデータを掛け合わせることで、興味関心の変様やライフステージの変化など「既存顧客のより深い情報」を把握することができ、高度なセグメント設計を実現できます。

4. 他社には真似できない高精度な「潜在顧客の予測・推定」を実現

Yahoo! DMPでは、Yahoo! JAPANのマルチビッグデータを用いた独自のモデリング技術により、サイト未訪問の新規顧客層から「購買しそうなターゲット層」や「優良顧客になりそうな顧客層」を探しだすことができます。

5. あらゆる課題を解決する多彩なマーケティングチャネルを複数用意

Yahoo! JAPANの広告商品をはじめとするマーケティングチャネルに複数連携していますので、Yahoo! DMPに保管・加工したデータは、自社のマーケティング課題に合わせて最適なマーケティングチャネルに活用できます。
また、サポートプラン・オプションプランも用意しておりますので、初めてDMPを導入いただく場合にも安心してご利用いただけます。

マーケティングチャネル

企業ごとにサポート内容が異なります。詳細はマーケティングチャネル一覧(PDF)からご確認ください。

マーケティングチャネル一覧

※ご注意

  • Yahoo! JAPANのマルチビッグデータは、 Yahoo! JAPANでの検索履歴や、ページ閲覧履歴などをもとに構成されています。特定の個人を識別できる情報ではなく、また識別できる仕組みではありません。
  • Yahoo! DMPサービス利用規約でも記載があるとおり、 Yahoo!ビッグデータ利用セグメントデータのご利用に関しては一定の制限がございます。
  • Yahoo!ビッグデータ利用セグメントデータは、活用チャネルごとに同一キャンペーンでのご利用に制限させていただきます。複数のチャネルでのご利用や、一つのチャネルで複数キャンペーンにご利用いただく場合は、あらたにセグメントデータを取得していただく必要がございます。
  • Yahoo!ビッグデータ利用セグメントデータがご利用いただける期間は、データ取得後30日以内です。30日を超えたセグメントデータは、再度取得後ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ