ここから本文です

パートナー紹介

データ活用のプランニングから運用までを
一気通貫で支援します

株式会社サイバーエージェント

培ってきた運用力と高品質なクリエイティブを武器に、お客様のニーズに最適なデータ活用を支援

株式会社サイバーエージェントは、「Yahoo!マーケティングソリューション パートナープログラム」おいて、特別認定パートナーである「データコンサルティングパートナー」に認定されました。運用力とクリエイティブを武器に、最適なデータ活用を支援する同社の取り組みについて、話を聞きました。

運用力とクリエイティブに強み、データ活用にも積極的に取り組む

多様なインターネット広告サービスを提供

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
西日本事業部
第二本部西日本局長
木家 弘貴氏

株式会社サイバーエージェントはインターネット広告事業をはじめ、インターネットテレビ局「AbemaTV」やコミュニティサービス「Ameba」、ゲーム事業など、インターネット総合サービス企業として多様なサービスを提供しています。

「インターネット広告事業では、動画広告やインフィード広告など、新しい領域の広告が特に好調です。もちろん、検索連動型広告やディスプレイ広告などもそれぞれ専門の組織でパフォーマンスが出せる体制が整っています」と話すのは、株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 西日本事業部 第二本部西日本局長の木家 弘貴氏です。

同社のインターネット広告事業の特長について木家氏は、「運用力は当社の大きな武器であり、特徴のひとつです。ルールに基づいてしっかりと運用できているかを社内の別の部門でモニタリングして、品質を担保する体制を整えています」と説明します。

クリエイティブの品質向上にも注力

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
メディアソリューション局
局長
菊原 祐樹氏

運用力に加え、同社が最近力を入れているのがクリエイティブの品質向上です。「メディアの進化により、クリエイティブ表現の幅が広がり、ユーザーへのアプローチも多様化してきました。それに対応するためのクリエイティブを高いレベルで実現するための体制作りを行っています」と木家氏。

幅広い業種や規模のお客様に対してマーケティング支援を行う同社。お客様の傾向について、株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 メディアソリューション局 局長の菊原 祐樹氏は、「インターネット広告は、ダイレクトレスポンス広告のイメージが強く、当社でも力を入れてきましたが、最近はブランディングを目的としたお客様の支援にも力を入れています。業種、目的に応じて、最適なブランディングソリューションを提供しています」と話します。

データ活用を一気通貫で支援

株式会社サイバーエージェント
インターネット広告事業本部
次世代ブランド戦略室
セールス局長 兼 データビジネス責任者
羽片 一人氏

同社では、マーケティング領域でのデータ活用にも積極的に取り組んでいます。株式会社サイバーエージェント インターネット広告事業本部 次世代ブランド戦略室 セールス局長 兼 データビジネス責任者の羽片 一人氏は、「これまでのデータ活用は、主にダイレクトレスポンス系のお客様が中心でしたが、最近はブランド広告主様のニーズも高まっています」と説明します。

データの活用とひとくちで言っても、データにはさまざまなものがあります。同社ではデータを運用するにあたっては、次のような観点で価値付けを行っています。

「お客様にデータ活用を提案するためには、どのようなデータに価値があるのかを明らかにしなくてはなりません。当社では、"精度" "規模" "網羅性" "鮮度" の4つの観点からデータに価値を付け、評価しています。中でも類推データではなく、"事実データ"を重視しています。」(羽片氏)。

このように、お客様のニーズに最適なデータを活用できるDMPを提案し、お客様のデータと接続するインテグレーションから、データのプランニング、広告運用まで、社内で連携しながら一気通貫で提供できる体制を整えています。

サイバーエージェントのDMP運用事例

Yahoo! DMPを使って費用対効果が20%改善

同社ではすでに多くのお客様のDMP活用を支援しています。羽片氏は「獲得を狙うダイレクトレスポンス系では、金融系のお客様やスマートフォンアプリのお客様に多くご利用いただいています。たとえば、ある金融業界のお客様は、自社の会員データ上で質の高いユーザー層をYahoo! DMPで類似拡張して広告配信しました。その結果、約20%もROAS(費用対効果、Return On Advertising Spend)が改善できたという例もあります」と紹介します。

ブランド広告主のニーズにも柔軟に対応

近年増加しているというブランド広告主については、主に2つのニーズがあると羽片氏は解説します。

「ひとつはオーディエンスターゲティングによる潜在層への訴求です。ブランド広告主様は、ターゲットとなりうる層に数多くリーチすることが重要になるのですが、ボリュームがあり正確なオーディエンスデータを持つ、Yahoo! JAPANのデータはそれに最適なのです。"事実データ"を重視する当社では、Yahoo! JAPANのように精度の高いデータには非常に価値があると考えています。もうひとつは、マーケティングデータの可視化です。ブランド広告主様の場合、マーケティングはオンラインのみで完結することはないので、オフラインとも連携できるマーケティングデータをダッシュボードのようなものを作って可視化していきます。当社の場合、そもそもどのようなデータをデジタル化すればよいか、という段階から相談されるケースが多くあります」(羽片氏)。

お客様の目的を達成するためのデータ活用を進める

変化に対応できる体制を作っていく

幅広いお客様のマーケティングをさまざまな方法で支援するサイバーエージェント。同社ではこれからもさらに幅広く、お客様に最適なサービスを提供するための取り組みを続けていきます。

木家氏は、「今後は動画やインフィード広告とデータを掛け合わせた活用なども行われていくと思いますので、それに対応できる運用力とクリエイティブ力を持った組織を作っていきたいですね」意気込みを語ります。

続けて菊原氏は、「組織として目指しているのは、広告主様に効果をしっかりと提供し続けることです。マーケットの変化にも柔軟に、素早く対応できる仕組みや実行体制を作っていくことが重要だと考えています」と付け加えます。

データ活用は目的ではなく手段

データ量はますます増えていき、それに伴ってデータ活用の方法も増えていきます。羽片氏は「当社ならではの運用力、高品質なクリエイティブを武器に、お客様のビジネスに直結する、成果をあげるご提案をしていきます。データ活用は目的ではなく、あくまで手段です。しっかりとお客様の目的を達成するために最適な手段をご提案させていただきますので、当社にぜひご相談ください」とメッセージを送ります。

(当記事は2017年5月の情報をもとに構成しています)

株式会社サイバーエージェント

特別認定

データコンサルティング

本社所在地
東京都
ウェブサイト
http://www.cyberagent-adagency.com/(外部リンク)

1998年設立。創業以来、インターネットに特化した広告代理事業を展開し、国内トップクラスの売上高を誇る。インターネット広告事業の他にも動画配信事業の「AbemaTV」、「Ameba」などのメディア事業やゲーム事業、投資育成事業を展開。インターネット総合サービス企業として、企業・インターネットユーザーに対し有益なサービスを提供する。

本文はここまでです このページの先頭へ