ヤフー担当者が動画で解説!獲得数最大化のコツは入札価格調整にあり

2019年03月27日

ヤフー担当者が動画で解説!獲得数最大化のコツは入札価格調整にあり

Yahoo!プロモーション広告の運用ノウハウを、担当者が解説するシリーズの第2回。前回はアカウント構築の基本的な考え方をお伝えしました。シンプルな構造で運用の基盤が整ったら、次に注目したいのが入札価格の調整です。広告の掲載機会と獲得件数をいかに増やせるかは、入札価格のコントロールにかかっているといっても過言ではありません。今回は、最適な入札価格の調整のために押さえるべきポイントをご紹介します。

スポンサードサーチでは、入札方法は大きく分けて「手動入札」と「自動入札」の2つありますが、効率的にキャンペーンの目的を達成するためには「自動入札」がお勧めです。
同じキーワードの検索でも、時間帯や地域、デバイスなど、検索時の条件はさまざま。多様な検索条件にあわせて、人力で入札価格を調整するのには限界があります。自動入札を利用すれば、過去の実績や予測値をもとに、検索されるたびにリアルタイムで多種多様なシグナルを分析し、最適な入札価格に自動で調整されます。運用工数を削減して最適化を進め、広告運用の自動化を後押しする「自動入札」。PDCAサイクルをいち早く確立するためには早期の導入がポイントです。

Yahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)での入札価格の最適化のカギは、ターゲティング別の入札調整にあり。
自社の商材のターゲット層に合わせて多種多様なターゲティングができるのがYDNの特長です。年齢や性別など、さまざまな条件によりパフォーマンスは異なるもの。獲得につながるユーザー層に対してターゲティング別に入札を強化できる「入札価格調整機能」は、より多くの成果につなげるために欠かせない機能です。同機能の利用により、コンバージョン単価を改善しながらコンバージョン率を約40%アップした事例があります。

【限定公開中】ヤフー担当者が動画で徹底解説!

広告主・代理店の皆様限定で、解説動画を公開しています。スポンサードサーチ編では「自動入札」の導入ステップ、YDN編では、獲得につながるユーザー属性や条件の見極め方から「入札価格調整機能」の活用方法まで、運用ノウハウをご紹介しています。ぜひご覧ください。

スポンサードサーチ編
・スポンサードサーチ~自動入札のススメ~
・スポンサードサーチ~自動入札導入前の対応~
・スポンサードサーチ~自動入札導入後の対応~

YDN編
・YDN~コンバージョンから逆引きするターゲティング設定~
・YDN~入札価格調整機能のススメ~


※動画の視聴には、eラーニングサービス「ジッセン!オンライン」の会員登録(無料)が必要です。
・自社で運用されている広告主の方は、こちらの登録方法をご確認ください。
・広告代理店の方は、こちらのフォームからご登録ください。

※当記事は2019年3月の情報をもとに構成しています。掲載内容、所属団体、部署名、役職名等は、取材時のものです。

※画像出典:アフロ


プロフィール

ヤフー株式会社
マーケティングソリューションズ統括本部
営業推進本部 販売推進部 ダイレクトセールスプランニング
山口 裕之(ヤマグチ ユウスケ)
2012年ヤフー株式会社入社。前職の広告代理店で培った経験をベースに、プロモーション広告開発プロジェクトマネージャーを経て現職。ダイレクト領域の機能、運用において啓発活動、エデュケーションなどに従事

本記事に関するアンケートのご協力をお願いいたします

関連記事