【事例資料公開】ディスプレイ広告(運用型)移行への取り組み

2020年12月24日

【事例資料公開】ディスプレイ広告(運用型)移行への取り組み

ディスプレイ広告(運用型)移行に向けての取り組みを2社ご紹介します。
データ主義を掲げる株式会社北の達人コーポレーション様は、実証実験の結果から導き出した手法により、自動入札を活用した広告運用を積極的に展開されました。


株式会社オンワード樫山様は、広告の再定義から議論を進められ、新しい評価軸でディスプレイ広告(運用型)への移行に着手、移行後も安定した運用を継続されています。



詳細資料はこちらからダウンロードできます。


【事例記事はこちらをご覧ください】
株式会社北の達人コーポレーション様(2020/7/13)
データ主義 "北の達人コーポレーションが検証" 自動入札が効くディスプレイ広告(運用型)
株式会社オンワード樫山(2020/7/21)
「オンワードにとっての広告とは?」根本的な課題定義から始まったデジタルプロモーション改革

関連記事