「広告品質のダイヤモンド」をヤフーはどのように実現したのか~取り組みの軌跡

2022年01月14日

「広告品質のダイヤモンド」をヤフーはどのように実現したのか~取り組みの軌跡

ヤフーが2019年5月に広告品質のダイヤモンドを宣言して早2年半が経ちました。この度、この宣言の内容がこれまでにどのように推進、そして実現されたかについてまとめた資料「広告品質のダイヤモンドからのアップデート」を公開いたしました。

  • 広告品質のダイヤモンド

宣言を発表した当時から現在に至るまで、世界規模で巧妙化していくアドフラウドなど、アドベリフィケーションに関連する取り組みには終わりがなく、ヤフーは継続して独自の対策を講じてきました。

ヤフーの主な取り組み

2019年5月  広告品質のダイヤモンドを定義
2019年10月 トラスト&セーフティ本部の設置
2019年10月 アドベリフィケーション測定(第三者計測)の提供開始
2020年8月 「広告サービス品質に関する透明性レポート」の公開開始
2021年11月 JICDAQ認証取得
2021年12月 DoubleVerifyによるPre-bid制御の導入

ヤフーのこれまでの取り組みの軌跡について、詳細は以下よりご覧ください。

資料ダウンロード
(PDF)

ヤフーは関係するすべての方にご満足いただけるサービスを目指し、透明性や品質改善へのさまざまな取り組みを進めています。詳細については広告サービス品質向上のための取り組みをご覧ください。


文責:中井 美絵(ヤフー株式会社)

本記事に関するアンケートのご協力をお願いいたします

関連記事