広告審査の強い味方!ヤフーの審査サポートチーム

2022年02月15日

広告審査の強い味方!ヤフーの審査サポートチーム

ヤフーにはYahoo!広告をご利用中の方であれば、どなたでも何度でもサービスに関してお問い合わせいただくことが可能な専用窓口が存在しています。日々、広告サービスに関するさまざまなお問い合わせが電話、メール、チャットを通して寄せられますが、その中で実に全体の約4割を占めるのが、広告審査に関するお問い合わせです。

本稿では、広告審査に関するお問い合わせに対応している審査サポートチームの役割と皆様からのお問い合わせ内容を踏まえて、スムーズな広告審査通過のヒントをご紹介します。

審査サポートチームとは

広告主や代理店の皆様からの多種多様なお問い合わせに対応している、ヤフーのサポートチーム。お問い合わせ内容はYahoo!広告の運用から広告審査に関するご相談まで、多岐にわたります。数多ある広告サービスに関するお問い合わせの中でも、特にプロフェッショナルな知識が必要となるのが広告審査に関するお問い合わせです。広告審査のお問い合わせに特化し、専門的な対応をするため、2021年10月に誕生したのが審査サポートチームです。

専任サポート

Yahoo!マーケティングソリューション セールスパートナーの中でも特に、広告審査の知識向上に意欲的な一部の広告代理店様を専任でサポートしているのもこのチームです。

具体的には、「ランディングページの否認箇所の全指摘」、「不当表示、最上級表示等の一部ガイドラインに対する修正のご提案」、「審査否認率や否認傾向の可視化(レポートの提供)」を随時行っています。さらに、セールスパートナー様ご自身でスムーズに解決できるようになるという最終ゴールに向け、各社に対して定期的な会議や勉強会を開催し、現状の課題についての認識をすり合わせ、課題改善のためのサポートもしています。

  • ある日の定例の様子

    撮影協力:株式会社デジタルアイデンティティ

サポート力向上の取り組み

広告主や代理店の皆様にスムーズな広告配信につなげていただくため、審査サポートチームは「より正確に分かりやすく」をモットーにお問い合わせに真摯に向き合い、常日頃からサポート力の向上に努めています。

社内には審査対応における専用の教育体制があり、サポート対応メンバーの知見強化のための動画や資料を展開しています。また、関連資料を共有するだけでなく、定期的にメンバーに対してのチェックテストを行い、審査レベルを可視化し、全体の知識の底上げを目指しています。

お問い合わせの内容

サポートチームが対応しているお問い合わせの内容で特に多いのが、広告出稿時の抵触箇所や抵触理由の確認についてです。問い合わせ種別を見ると「医療機関」に関するお問い合わせが約4割で、最も多くなっています。これに「薬用化粧品・化粧品」「食品、健康食品」が続いています。

  • 広告審査に関するお問い合わせ内容の内訳

    Yahoo! JAPAN自社調査(2021年10月~12月)

前述のような問い合わせが多いという現状をうけ、審査時に否認理由と合わせて抵触箇所を管理画面上で通知する取り組みも始めています。

これまでの皆様の広告入稿状況を可視化したことで、少しの確認で審査落ちを回避できるうっかりミスが思った以上に多いことが判明しました。これを踏まえて、審査サポートチームでは、「よくある審査落ちのポイントをさっと確認できるチェックリスト」を作成し、実際の業務でも活用しています。
事前のちょっとした確認で防げる審査落ちをゼロにするために、ぜひ入稿前にご参照ください。

チェックリストを見る

広告審査だけでなく、その他Yahoo!広告に関するお問い合わせは、Yahoo!広告ご利用中のお客様専用窓口をご利用ください。


ヤフーは関係するすべての方にご満足いただけるサービスを目指し、透明性や品質改善へのさまざまな取り組みを進めています。その他の取り組みについては広告サービス品質向上のための取り組みをご覧ください。


※Yahoo! JAPAN自社調査(2021年10月~12月)

関連リンク:
広告品質の健全化に向けて~広告審査認定パートナーの取り組み

文責:中井 美絵(ヤフー株式会社)

本記事に関するアンケートのご協力をお願いいたします

関連記事