【記事掲載のお知らせ】広告サービス品質向上の取り組み

2022年03月15日

【記事掲載のお知らせ】広告サービス品質向上の取り組み

ヤフーでは、インターネットユーザー、広告主、提携パートナーなど、すべての皆様にご満足いただけるサービスを目指し、透明性や品質改善へのさまざまな取り組みを進めています。

この度、2022年4月号の『宣伝会議』(3月1日発売号)に、弊社メディア統括本部 トラスト&セーフティ本部 本部長の一条裕仁がスピーカーの1人としてデジタル広告市場の現状について語った座談会と、一条と同じ本部に属するポリシー室 室長 中村茜のアフィリエイト広告市場に関する2つの記事が掲載されました。

ヤフーが考える現状のデジタル広告の課題とは何か。弊社の取り組みの"今"をぜひご一読ください。

1.拡大する日本のデジタル広告市場健全な発展のために今、必要なこととは?

  • ヤフー株式会社 一条裕仁

記事では、DoubleVerify Japanの日本代表 カントリーディレクター 武田隆氏、株式会社マクロミル デジタルマーケティング部 事業部長の齋藤司氏、弊社トラスト&セーフティ本部 本部長の一条の3人が、各々が考える国内のデジタル広告市場における課題、そして課題解決のために何ができるかを語っています。今後の展望も交えた読み応えある内容となっています。

記事を読む
(PDF)

2.拡大を続けるアフィリエイト広告市場の課題に迫る

ヤフーが考えるアフィリエイト広告の品質業界課題の解決に向けた取り組みとは

  • ヤフー株式会社 中村茜

昨今のデジタル広告の課題の1つとして大きな割合を占めているのが「アフィリエイト広告の品質」。記事では、ヤフー トラスト&セーフティ本部 ポリシー室 室長の中村茜がこの問題に対するヤフーの具体的な対策や啓発活動について語っています。

記事を読む
(外部リンク)

ヤフーのその他の取り組みについては、広告サービス品質向上のための取り組みをご覧ください。


文責:中井 美絵(ヤフー株式会社)

本記事に関するアンケートのご協力をお願いいたします

関連記事