事例

商品の先にあるお客様の姿を探る。サッポロビールの挑戦

2017年08月17日

自社の商品はどのようなお客様から選ばれ、購入されているのか。お客様像を知ることは、メーカー共通の課題と言えるでしょう。

サッポロビール株式会社では、新規のお客様獲得を目指し、Yahoo!プレミアムDSPを活用した新たな施策を実施しました。

広告から購買までの導線、各ターゲット層における反応を検証しながらPDCAを継続することで、高い販促効果とともにお客様像の見える化を実現。販促のみならず、継続的なマーケティングへ繋がる大きな成果を得ることができた、同社の取り組みに迫ります。

▼本資料(PDF)をダウンロードして全文をご覧いただけます。

▲本資料(PDF)をダウンロードして全文をご覧いただけます。

※ホワイトペーパーはこちらからご確認ください。

■企業情報

企業・団体名 サッポロビール株式会社(外部リンク)
所在地 東京都
ご利用サービス Yahoo!プレミアムDSP
事業内容 「おいしさ」を求めて、大麦やホップなどの育成・栽培から、製造、販売にいたるまで、一貫したこだわりをもつビール会社。先人たちの"ものづくりにかける熱い思い"を貴重なDNAとして受け継ぐと共に、時代の変化や社会のニーズにあった新しい"SEEDS(種)"を探り出し、「よろこばれる」商品・サービスを提供する。

(当記事は2016年12月の情報をもとに構成しています)


Yahoo!プレミアムDSPについて
LOHACO