• トップ
  • 広告事業における利益相反・自社優遇行為管理方針

広告事業における
利益相反・自社優遇行為管理方針

ヤフー株式会社(以下、「当社」)は、「広告事業における利益相反・自社優遇行為管理方針」を制定し、
以下の通り公表いたします。

1. 目的

本管理方針は、広告主・広告代理店(以下「広告主等」)の利益を不当に害することがないよう、当社における利益相反・自社優遇行為が発生しないよう適切に管理することを目的としております。

2. 利益相反・自社優遇行為の類型

当社広告事業において、管理対象とする利益相反・自社優遇行為の類型は以下の通りです。

(1) 広告主等から受領したデータ等を、当該広告主等の利益を害するような態様で活用する行為

(2) 広告主等の広告を、当社が契約する広告掲載パートナーよりも当社が保有するメディアへ優先的に配信する行為

3. 利益相反・自社優遇行為の管理方法の選択

当社は、以下の方法により、前項の利益相反・自社優遇行為を管理します。

(1) データアクセスの制限ならびに関連する社内規定の制定および社員教育

広告主等の利益を害するような態様のデータ活用がされないよう、データへのアクセス等に制限を設けております。以下の行為については、4(1)に規定するデータ責任者の承認が必要です。

  • 広告主等から受領したデータへのアクセス
  • 特定の広告主等の広告配信実績に関するデータを利用した分析・提案資料の広告主等(当社が広告主となる場合を含む。)への提供

また、広告主等の利益を害するような態様のデータ活用を防止するための行動規範を、社内規定として制定しています。また、その内容を、社員に対して定期的に教育しています。

(2) 広告事業部門とその他の事業部門の分離

広告事業部門(営業部門および広告システムの企画開発部門)とその他の事業部門(メディア事業部門等)を組織上分離しています。

4. 利益相反・自社優遇行為の管理体制の整備

当社は、ガバナンスについて、「3ライン・モデル」(3つの防衛線)という、3線構造の管理体制を整備しております。
第1線は、リスクオーナーとしてリスクを適切に評価した上でコントロールする役割を担います。
第2線は、第1線の活動が適切であるか監視・評価し、第1線の活動に助言をする役割を担います。
第3線は、第1線及び第2線の活動が適切であるか監査し、問題があれば改善に向けた具体的助言を行う役割を担います。
利益相反・自社優遇行為についても、以下のような形でこの「3ライン・モデル」の管理体制を活用し、適切な管理を行っております。

(1) データガバナンス(第1線)

当社では、各事業部門から独立した、データに関するガバナンス部門を設置し、データに関するガバナンス方針や重要な意思決定をCDO(最高データ責任者)が管掌しています。
利益相反・自社優遇行為の管理のうち適切なデータガバナンスを通じてなされるものについては、CDOが統括する責任を負っており、ガバナンス部門およびサービスごとに設置されているデータ責任者を通じて統制管理いたします。

(2) データ活用における公平性担保(第2線)

DPO(データ保護責任者)が、社内の事業部門や経営陣との利害関係がない独立した客観的な立場において、データ活用における公平性を担保するため、助言・監視、評価を行っています。

(3) 内部監査の実施(第3線)

利益相反・自社優遇行為が実施されていないか、定期的な内部監査を実施しています。

上記内容についての詳細は、以下の連絡先にお問い合わせください。

TEL: 0120-559-703(平日9時30分-12時 13時-18時 土日祝休)

お問合わせフォーム: https://ads-promo.yahoo.co.jp/form/support/