Yahoo! JAPAN 予測ファネル

見込み顧客の育成具合を定量的に可視化する

資料ダウンロード
(PDF)

「Yahoo! JAPAN 予測ファネル」とは

  • ウェブ上でのオーディエンスの行動を分析。広告主の目的や課題に対して、購買・検索・来店などのアクションの可能性を予測してスコア化し、ファネルに落とし込むことで見込み顧客のボリュームを予測スコアを使って可視化します。マルチビッグデータをもつYahoo! JAPANならではのデータマーケティングソリューションの1つです。

メリット

  • 1

    見込み顧客のボリュームを
    予測スコア別に把握

    商品・サービスの見込み顧客をこれまでの潜在層と顕在層の大まかな区別ではなく、ヤフー独自の基準で詳細に可視化。未来予測も踏まえたアクション(購買・検索・来店など)に応じてスコア別(0.0~0.9)に見込み顧客を把握できます。

    ※CV ... コンバージョン

  • 2

    需要の変化を確認しながら、
    マーケティング施策が行える

    オーディエンスのスコア推移は、予測ファネルレポートでスピーディーに確認できます。これをKPIに設定し、需要の変化を確認しながら効果的なマーケティング施策が行えます。

活用方法

  • マーケティング活動で「予測ファネルレポート」を定期的に活用することで、市場把握・施策立案、広告配信、広告効果検証、改善施策検討のPDCAサイクルを回せます。

    PDCAサイクルの図
  • 1

    市場把握・施策立案

    予測ファネルで市場規模を可視化し、予測スコアに応じたオーディエンスの特性(デモグラや興味関心など)を把握することで、マーケティング施策の立案に役立てることができます。

  • 2

    広告配信

    各スコアのオーディエンスを抽出し、オーディエンスの特性に合わせた広告配信が可能です。

  • 3

    広告効果検証

    一般的な効果検証では分からない見込み顧客の育成(スコア推移)がスピーディーに把握できます。広告の評価を中長期的に行っていくために、スコア推移をKPI化することをお奨めします。

  • 4

    改善施策検討

    各スコアのオーディエンスボリュームの変化や、スコア別に配信した広告クリエティブの効果比較などの結果に基づいて、次なる改善施策に活用ができます。

活用イメージ

広告主の課題に合わせて、予測ファネルを効果的に活用いただけます。

資料ダウンロード

詳しくは弊社担当営業までお問い合わせください。

資料ダウンロード
(PDF)

※お客様個人を特定することができない、統計化されたレポートで分析しています。

※ご活用について一定の基準を設けています。業種、商品、サービス、プロモーション内容によってはご利用いただけない場合がございます。あらかじめご了承ください。