検索広告のご利用料金

「検索広告」の広告料金は、広告主様が自由に設定でき、成果が出た分だけ広告料金が発生します。

広告料金の仕組み

クリックしたときのみ料金が発生するクリック課金型広告です

ユーザーが広告をクリックした(広告主様のウェブサイトに来訪があった)際に広告料金が発生する「クリック課金型」です。ユーザーが広告をクリックした際に広告料金が発生しますので、広告が表示されてもその広告がクリックされない限り、料金は発生しません。

1クリックあたりの料金を自由に決められます

1クリックあたりの料金(入札価格)を自由に設定・変更できます。
入札価格が高いほど、上部の目立つ位置に広告が表示されやすいため、想定している広告予算を踏まえたうえで入札価格を決めることが重要です。

1日の予算を自由に決められます

1日の予算を事前に設定し、予算に達すると広告配信を自動的に停止する機能があります。
※予算は目安であり、上限ではありません。そのため、設定した予算額を超過する場合、または予算額に満たない場合があります。なお、予算を超過する日が何日あっても「1カ月あたりの請求限度額」以上の金額は請求いたしません。
1日の上限予算を低く設定してしまうと、予算オーバーを制御するためのストッパーにもなりますが、ビジネス成功の加速を抑える「ブレーキ」になってしまう可能性があります。
※広告の表示頻度が高い日にはキャンペーン予算(日額)を大幅に超えたコストが発生する場合もあります。ただし、その場合の請求対象はキャンペーン予算(日額)の200%までです。また請求対象となった金額のうち、実際に請求されるのは以下で説明する「1カ月の請求限度額」を基に算出された金額になります。

掲載期間は「1日単位」で決められます

検索広告は、利用期間などの決まりはないため、広告の一時停止や終了、再開を好きなタイミングで気軽に行えます。必要に応じて、「繁忙期は掲載を休止する」「”平日のみ”や”セール期間”など特定の期間に集中して広告配信を行う」など、柔軟なスケジュール調整が可能です。
上記のように必要最小限に広告を利用する手もありますが、長く継続した方がより効果が出る場合もあります。継続することによって、データが蓄積され、成果に結びつくキーワードがわかります。そうしたキーワードから検証して、ユーザー層の傾向を読み取り、自社のウェブサイトやコンテンツに活用できます。運用型広告である検索広告は、日々の運用を繰り返すことで、より精度の高い広告運用に結びつけることが可能です。