Yahoo!マーケティングソリューション

MASS MATRIXとは

ヤフーが提供できる価値は規模(MASS)とデータの多様性、質を備えた立体的なユーザー基盤(MATRIX)を掛け合わせた「規模と効率を両立したマーケティング活動」、「データを活用しフルファネルでPDCAを回せるマーケティング活動」ができることです。MASS MATRIXとはヤフーの持つ巨大なユーザー基盤で、より広告主様の課題解決を強化していくというステートメントです。

動画でわかる
"MASS MATRIX"

詳細なデータを元に
MASS MATRIXをご紹介

資料ダウンロード

※詳しくは弊社担当営業までお問い合わせ下さい。

2つの課題

マーケティング活動
における課題

  • Issue01

    規模と効率の両立

    規模(認知など)を目的とした活動と効率(獲得単価など)を目的とした活動は、トレードオフの関係にあり両立が困難です。

  • Issue02

    一気通貫での実行

    規模と効率の領域が分断されて実行されていることも多く、一気通貫したマーケティングプランの実行が求められています。

ヤフーの強み

日本全体を補足する
マスメディア

ヤフーは国内最大級の基盤を保有し、その特長は4つです。

  • 国内No.1※1リーチ

    国内最大級の月間8400万※2がヤフーを利用しています。

  • 高利用頻度層の厚み

    性別や年代に関わらず、ユーザーは毎日のあらゆるシーンでヤフーを利用しています。

  • 行動変数の多様性

    ユーザーは、検索・購買・情報収集など幅広い目的でご利用いただいています。

  • 公共性の高さ

    「信頼性の高い情報が掲載されている」とユーザーに認識※3され、共有されやすいメディアです。

具体策

ビッグデータによる
マーケティング支援

月間ログインユーザー数5000万ID※4を統合的に管理するなど、国内最大級のマス基盤によって、マーケティング活動に幅広くご活用いただくことが可能です。

  • 市場分析
    Analysing

    検索データなどから広告主様のマーケットポジションを可視化し、購買データから購買見込みの高いオーディエンスを分析

  • プランニング~配信
    Planning

    分析した結果を基にファネル(見込み度)別に市場規模を可視化し広告配信が可能

  • モニタリング
    Monitoring

    広告出稿後、広告主様独自のファネルにおけるユーザーの変化を一気通貫でモニタリング

詳細なデータを元に
MASS MATRIXをご紹介

資料ダウンロード

※詳しくは弊社担当営業までお問い合わせ下さい。

  • ※ご活用について一定の基準を設けており、業種、商品、サービス、プロモーション内容によってはご利用いただけない場合がございます。

  • ※一部の商品については、ご提供できる広告主様が限定されている場合がございます。

  • ※1 出典:ニールセン、デジタルコンテンツ視聴率のMonthly Totalレポート

  • ※2 出典:「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率」(Monthly Total レポート) 2021年1月~6月の月平均利用者数[Yahoo! JAPAN(ブランドレベル)で集計、スマートフォンとパソコンのユーザーの重複を含まない]

  • ※3 出典:ヤフー株式会社自社調査
    調査委託先:マクロミル
    調査手法:マクロミルモニタを対象にしたインターネット調査
    調査対象者:デバイスに関わらず、週に1日以上Yahoo! JAPANにアクセスしている全国の15歳~69歳の男女 3,720名(専業主婦・その他・無職の人を除く)
    調査実施期間:  2021年07月21日(水)~2021年07月22日(木)

  • ※4 出典:ヤフー株式会社自社調査