品質を保つための審査体制

弊社では、広告主の出稿目的に応じた幅広い広告商品を用意しています。入稿された広告、広告を配信するサイト、広告トラフィックに対して、機械学習を活用したシステムと人の目による審査を行っています。品質の高い広告、適切な広告を適切なタイミングで配信できるように、以下の3つをサービスの重要な要素ととらえ、それぞれの特性に応じて最適化されたシステムや審査業務体制を構築し、広告と広告掲載面の品質担保に努めています。

広告審査

審査体制

インターネットユーザーの広告体験を守るため、機械学習を活用した「システム」と「人の目」による審査を24時間365日実施しています。

大量の広告をそれぞれのカテゴリーに適した審査システムによる品質チェックを非常に複雑で大規模なシステムによって実現しています。

また、広告主とインターネットユーザーの両方のニーズを満たすよう、人間の感覚による審査も重要視し、独自のガイドラインについてトレーニングを積んだ担当者が、実際の端末を用いて行っています。機械による一義的な判断とは違って、常にインターネットユーザーの視点から広告の審査を実施しています。

「システム」と「人の目」の審査を組み合わせることにより、インターネットユーザーの意図に一致した有益な広告を迅速に掲載することを目指し、広告サービス品質チェックを実施しています。

また、インターネットユーザーから寄せられた広告に対するご意見を元にパトロールを行ったり、審査システムに反映したりするなど、インターネットユーザーの声も積極的に取り入れ広告品質向上に努めています。

掲載開始前の審査

安全でより信頼性の高い情報をインターネットユーザーに提供するため、掲載を希望される広告主に対して、SMS認証の実施や過去に不正がないかなどを含めて審査を行います。

掲載希望の広告については、リンク先が正常に動作するか、関連諸法規や公序良俗に反する内容がないかなどを確認しています。また、広告主とインターネットユーザーを適切に結ぶために不可欠な各要素(入札キーワードとタイトル・説明文・画像・動画などのクリエイティブ、サイトでお取り扱いの商品やサービス)の関連性も確認しています。審査の結果、内容が適切ではないと判断された場合は掲載をお断りしています。

掲載開始後の審査

広告審査は一過性のものではなく、継続して行う必要があります。例えば、掲載開始前に問題のない内容であったとしても、掲載開始後にサイトコンテンツや広告内容が変更されるなどの場合が考えられるからです。虚偽や誇張が含まれる広告、関連諸法規に違反したり公序良俗に反したりする広告、インターネットの特性を悪用した広告など、インターネットユーザーにとって何らかの不利益や不都合が生じる危険性を想定して、掲載が開始された広告に対しても継続的に審査を実施しています。また、インターネットユーザー保護と利便性の向上を目的に以下のような審査業務を行っています。

パトロール審査

インターネットユーザー保護の観点から、関連諸法規に触れる恐れのある広告を中心にパトロールを行います。このパトロールによって、クリエイティブ(タイトル・説明文・画像・動画など)やリンク先の内容が意図的に変更されているものがないかを確認するとともに、話題となっている事象や時事問題にまつわるキーワードに対しても広告の品質が維持できます。

第三者指摘に基づく審査

主にインターネットユーザーからの指摘をもとに審査対象を選定します。ここでは指摘された内容を多面的に調査したうえで、問題のある広告であるかを判断します。

不正防止の対策

掲載内容の審査の他にも、昨今多く見られる悪質な広告および広告主に対して、以下のような不正防止の取り組みを行っています。

不正カード防止

第三者によるクレジットカードの不正使用、カード犯罪等を防ぐための対策を行っています。

詐欺、無断複製防止

有名ブランド品の偽物販売や、他社のデザインを精巧に模倣したサイトなどについて対策を行っています。

不正プログラム防止

マルウェアなどの悪意のあるソフトウエアや、コンピューターウイルス感染の恐れがあるサイトについて対策を行っています。

なりすまし防止

必要に応じて本人確認を実施しています。

広告掲載面審査

審査体制

弊社では、複数の広告商品の配信を提供しています。それらの広告商品は、Yahoo! JAPANや提携パートナーサイトなど、バラエティに富んだサイトやアプリケーションに配信されています。広告掲載面に対する審査、パトロールも「人の目」と「システム」の24時間体制で監視を行っています。

ボット等からのアクセスやクリックによって不正に広告費をだまし取る「アドフラウド」の発生を検知・排除する取り組みと、違法サイトなど不適切なコンテンツ内容の掲載面に広告が配信されることを防ぐ「ブランドセーフティ」の取り組みがありますが、どちらも「人の目」と「システム」の両軸での審査体制を構築し、膨大な広告掲載先サイトから不適切なサイトの排除を実施しています。

配信前の審査

提携パートナー選定の際には、おもに広告配信ガイドラインに基づく審査を実施しています。

ヤフーの広告配信ネットワークには、メディアとしての知名度・実績があり、掲載されている情報に信頼性のある多数のパートナーが参加しています。広告配信が始まる前に、サイトのテーマやコンテンツの傾向などさまざまなポイントについて、ガイドラインに基づき審査を行い、広告の配信に適したパートナーであるかを検討します。

審査はトレーニングを積んだ担当者によって行われ、ガイドラインに抵触しないサイトに対してのみ広告が配信されます。

配信後の審査

広告の配信開始後は、サイトのコンテンツ内容や配信状況の確認、広告配信ネットワーク全体の監視を定常的に行うことによって、広告掲載面を管理しています。

上記に加え、規定どおりの広告表示を行う設定になっているか、広告実装ガイドラインに基づく観点でも審査担当者による常時パトロールを行っています。もし、審査基準を満たしていない場合や品質改善の見込みがないと判断した場合には、広告配信停止などの措置を講じています。

パトロール審査

広告が掲載されるサイト内の各ページのコンテンツ内容は流動的なものも多く含まれるため、広告配信が開始した後もガイドラインに違反している内容がないかを審査しています。

第三者指摘に基づく審査

広告主やインターネットユーザーのみなさまからのご指摘をもとに、あらためてガイドラインに違反していないかを審査しています。

トラフィック審査

審査体制

弊社では、広告配信ネットワーク全体の監視を定常的に行うことで、 広告のトラフィック品質管理を実施しています。 広告主、提携パートナーの方々にご満足いただける トラフィック品質の実現に向けた取り組みをしています。

トラフィック品質のスコアリング

インターネット広告の公平性に対して配慮し、広告を閲覧するインターネットユーザーの 行動や広告効果など、品質を構成する要素をスコア化して、広告のトラフィック品質を一定の水準に保つための指標としています。スコアが一定の水準を下回った場合には、トラフィック品質を悪化させている要因を特定し、改善対策をしています。

無効クリックの排除

インターネットユーザーの正常なサイト訪問や購買につながらないクリック、ボット等のプログラムにより自動的に生成されたクリック、インターネットユーザーによる誤クリック、または悪意があると判断されるクリック等を無効クリックとみなしています。

クリック課金型の広告商品では、無効クリックを排除することが、トラフィック品質向上につながる重要な要素です。そのため、無効クリックを課金対象から除外し、トラフィック品質改善の一環として、無効クリック対策に継続的に取り組んでいます。

※無効クリックの詳細な定義や判定基準については、悪意を持つインターネットユーザーに利用されることを避けるため、開示しておりません。

無効クリックのシステム管理

ヤフーが「無効クリック」もしくは「無効の疑いのあるクリック」と判断したものについては、広告主の広告費として課金されないよう課金対象から除外するシステムを構築しています。下記の図の段階を経て「無効クリック」を検出し、無効クリックから広告主を保護しています。